パパ活って言うのは、デート援のことです。
今までの援交とは違う関係です。
デートするだけ、それがお金儲けになります。
気軽なお小遣い稼ぎとして、女の子の間では人気が高まっている関係です。
私も中小企業務めだから薄給、お金が欲しいと思います。
でもブサイクだから、食事パパを見つけられるなんて考えたこともありませんでした。
でも私よりもブスな同僚が、デートパパを発見。
楽しいデートを繰り返していたのです。
大きな波紋が心の中に広がっていく感じでした。
しかも、食事するだけの関係から、お金くれる彼氏になってしまったと言うのです。
同棲の話まで出ていると言うのだから、驚かないわけがありませんでした。
もしかしたら、パパ活で私にも彼氏が?
彼氏ができないまでも、男性とデートが出来る。
デート経験がない私にとって、憧れの関係です。
どうやって相手探しをしたのか?
気になって仕方がありませんでした。
「お金くれる方と、どうやって知り合えたの?」
気になる部分を、直球で聞いてみました。
「それはもちろんネット!」
「ネットは分かるんだけど、ネットのなにを使えば相手が探せるの?」
「私もいろいろやってみて、失敗続きだったんだよね」
彼女が失敗した話を、聞かされることになりました。
とても便利なコミュニティーツールとして、多くの方が使っているSNS。
FacebookやTwitterは、完全無料で匿名性の高く、とても面白いものです。
私もユーザーの1人です。
ただこのSNS、出会い探しには向いていないようです。
「FacebookやTwitterで募集したら、誹謗中傷されたりすることがほとんど。元々出会いのサービスじゃないから、仕方がないのかもしれないね」
うんざり顔で話してきました。